ドーパミンの効果

ドーパミンは快楽ホルモンと呼ばれており、人間が行動するためにかならず必要となるホルモンです。あることを行うことにより、その報酬としてこの快楽ホルモンが分泌されるようになるのです。なので人間は嬉しいと感じたのならば、その行動を積極的に行うようになるのは、このホルモンが多量に分泌されるために、その行動を引き起こしたくなるのです。
a0002_005125このホルモンは加齢により減少されていきます。その理由としては、単純に体内での合成量が少なくなることと、活動量が低下することにより、分泌量が少なくなるのです。
また腸内環境が悪化することも影響します。腸内環境が悪化してしまうと、腸内でのセロトニンの量が少なくなってしまうのです。セロトニンの分泌が少なくってしまうと、精神的なストレスを感じやすくなってしまいます。そうなってしまうと、行動を起こすためのエネルギーも段々と無くなっていくことになります。その結果活動量が低下してしまい、そのせいでホルモンの分泌量が少なくなり、またさらに活動量が低下してしまう、という悪循環に陥ってしまうことになるのです。
快楽ホルモンを出すためには、実際に行動することが一番なのですが、セロトニンの不足によりストレスが多い状態であると、行動を起こすことすら難しくなってしまうのです。

Comments are closed.