Author Archive

自分にとっての未知の場所に行くのも大事

最近、行ったことのない場所を訪れましたか?
大人っぽいバーや、賑わうフットサル競技場、気になっていた話題のレストランでも何でも良いのです。
自分では場違いなのではないか、と初めて行く人は誰でも緊張するものです。
ろくな知識もないのに大丈夫かな、服装はこれで良いかな、といつも以上に気を使うことでしょう。
そうしてドキドキしながら準備して、出かけることが大事です。
未知の場所には、新しい出会いが溢れています。
素敵な異性は勿論、センスのいい女友達や頼れる相談相手に出会えるかもしれません。
場違いだと思っていた場所が、実はとても居心地が良いかもしれません。
初めて食べた料理が一生の好物になるかもしれません。
勿論、すべてが良い出会いでないかもしれません。
高揚感から羽目を外したり、知らない場所で迷うかもしれません。口に合わない料理が出てくるかもしれません。
しかし自分から足を運んで見つけた場所での出来事は、それも思い出になることでしょう。
いいことも悪いことも人生の糧として、また新しいことを始める材料にしていきましょう。
行きつけのお店や慣れ親しんだ友人達とおしゃべりするのも良いですが、たまには初めての場所に行ってみてはいかがでしょうか。

オープンカフェで魅力的な人とお茶を

天気のいい晴れた日に、街中のオシャレなオープンカフェに座ってティータイム。素敵なワンピースを着て外見が美しいチャーミングなあなたは、まるで外国の映画に出てくる女優さんのような雰囲気です。隣の席に座っている魅力的な男性が、ついあなたに声をかけたくなってしまうかも知れません。こんなドラマのような素敵な出会いをしてみたいなら、恋愛ホルモンのパワーを借りて魅力的なオーラを出しましょう。
女性02恋をすると、脳内のホルモン分泌が活性化されてキラキラと輝いてきます。このホルモンの一つがPEAと呼ばれるフェニルエチルアミン。チョコレートやココアに含まれる香り成分で、医学的には食欲低下薬、気管支拡張薬、抗うつ薬などに用いられ、麻薬に近いほどの強力な物質です。古代マヤでは神様の食べ物で豊作、子宝の象徴として崇められ、ヨーロッパでは精力剤やホレ薬として知られているくらい、恋愛と密接な関係があります。
チョコレートを食べると元気になったり幸せな気分になったりするのは、このPEAの作用だと考えられます。チョコレートの恋愛ホルモンの力で内側からやる気を出すことで、自然と外見が美しいキレイな人になれるのです。お気に入りのチョコレートを食べて、新しい出会いを探しに出かけましょう。

ピザと赤ワインは最強の恋愛ホルモンディナー

憧れの人との初ディナーや、彼氏との特別なディナーは、しっかりオシャレをして完璧なスタイルで決めたいですね。外見だけでなく内面から恋愛モードのオーラを発して雰囲気を盛り上げて、素敵な時を過ごしたい、そんなときに助けてくれる魔法のレストランがあるんです。それは、イタリアン。イタリアンの定番であるピザにはチーズが使わ家族03れています。ディナーのドリンクの定番、赤ワインを合わせれば、恋愛ホルモンディナーの完成。食事の最中からどんどん魅力的になるあなたを見て、相手もうっとり虜になってしまうでしょう。
その秘密は、恋愛ホルモンと呼ばれるフェニルエチルアミンにあります。フェニルエチルアミンは恋をしたときに脳から発生する脳内物質で、「ホレ薬」「ときめきホルモン」などの異名を持つくらい恋愛と関係の強い物質です。医学的には麻酔や精神安定剤として使われ、麻薬に似た効用があります。このフェニルエチルアミンが最も分泌されやすい食品がチーズや赤ワインなのです。これらの食品を食べることで、恋愛ホルモンが分泌されて、ドキドキしたり興奮したり、体が自然に恋愛モードに切り替わってしまうのです。
恋の予感がするなら、イタリアンディナーで決まりです。デザートにチョコレート系のドルチェを注文すれば更にパワーアップできますよ。

チーズはチョコレートの10倍効果がある

フェニルエチルアミン(PEA)という言葉をご存知ですか。
脳から各神経に情報を伝える神経伝達物質のひとつですが、では、いったいどういった作用があるのでしょうか。
簡単に言えば、体内の「媚薬」を分泌させるお手伝いをしてくれています。
その「媚薬」というのは、ご存知、エンドルフィン。好きな人と目が合っただけでドキッとしたり、指が触れ合ってドキッとしたりする時に、脳内から放出される物質です。
つまり、フェニルエチルアミンがエンドルフィンを脳内で分泌させて、快感を高めてくれているわけです。
一目惚れや恋わずらいなど、恋愛の初期に見られる現象は、すべてフェニルエチルアミンのしわざであると言っても過言ではありません。
この物質は、私たちの身近にある、さまざまな食品に含まれています。
たとえば、赤ワイン、プリン、ココア、それからチョコレートにも。
そして、チョコレートに含まれる量と比較すると、チーズにはなんと10倍もの量が含まれているそうです。
もともと男性は目で見た物にすぐ反応する視覚動物だから、一目惚れしやすい、すなわち放っておいてもこの物質が分泌されやすい。
一方、女性はというと、男性より反応が鈍いので、この物質を脳内に自発的に取り入れるべきなのです。
特に、彼とのお付き合いにマンネリを感じ始めている女性は、どんどん摂取しましょう。

チョコレートで恋愛ホルモンが出せる

男性なら誰しも好きな女性を射止めたいと考えたことがあるでしょう。しかし、女性に対する勢いだけで口説きに行くと失敗することがほとんどです。そこで、効率的な方法を用いて女性にアタックするようにしましょう。その効率的な方法の一つがチョコレートを使用することです。
実は、女性がチョコを食べると、それが溶けることで、口の中でチョコの中に含まれる物質であるフェニルエチルアミンが影響してきます。このフェニルエチルアミンは媚薬のようなもので、その効果はキスよりも快感をもたらすものだという研究データもあります。この物質はチョコだけでなく、チーズにも含まれており、チョコがなければチーズでも代用することが可能となっています。また、フェニルエチルアミンは消化を促進する効果もありますが、その一方で、血圧や心拍数を上げ、気分を高揚させる効果もあるため、吊り橋の現象と同様に、ドキドキとして恋に落ちやすくなる効果もあります。
こうしたことから、テクニックとして、チョコを媚薬代わりに使ってみると良いでしょう。その結果、効率的に意中の女性を射止める確率が上がるはずで、今日から、コンビニ等に寄り、チョコを常備するようにすると良いでしょう。

オキシトシンの効果

オキシトシンは、脳の下垂体から分泌されるほるもんで信頼感を高める事が出来るホルモンとされています。人間関係や夫婦関係等を円滑にする事が出来、愛の結びつきを強くする事が出来ます。
人や動物との触れ合いや頭をなでたりハグをする事等のスキンシップを行う事で分泌する事が出来ます。分泌される事によってストレスを軽減する事が出来て脳の状態を安定させる事も出来ます。
自律神経も整える作用があるので、癒し効果も期待する事が出来ます。
母性ホルモンとも呼ばれており、女性の妊娠や出産などにも関係しています。
分娩時には分泌される事によって子宮を収縮させて分娩を促して、子供を産道へと導く働きも行います。母性ホルモンと呼ばれる程に、母性本能も強く感じられるようになり、優しい気持ちを持つ事が出来る様になります。母親が無条件に子供を愛する気持ちや守りたい等の絶対愛の感情を感じる事が出来る様になります。
分泌を増やす為には、他の人に触れる事が大切です。赤ちゃんにベビーマッサージを行ったり、手を触れ合ったりする事も効果的ですし、他人に対して親切な行動を行うことでも分泌されます。配偶者や恋人がいない場合でも、友達同士で抱き合ったりするだけでも効果があります。

ドーパミンの効果

ドーパミンは快楽ホルモンと呼ばれており、人間が行動するためにかならず必要となるホルモンです。あることを行うことにより、その報酬としてこの快楽ホルモンが分泌されるようになるのです。なので人間は嬉しいと感じたのならば、その行動を積極的に行うようになるのは、このホルモンが多量に分泌されるために、その行動を引き起こしたくなるのです。
a0002_005125このホルモンは加齢により減少されていきます。その理由としては、単純に体内での合成量が少なくなることと、活動量が低下することにより、分泌量が少なくなるのです。
また腸内環境が悪化することも影響します。腸内環境が悪化してしまうと、腸内でのセロトニンの量が少なくなってしまうのです。セロトニンの分泌が少なくってしまうと、精神的なストレスを感じやすくなってしまいます。そうなってしまうと、行動を起こすためのエネルギーも段々と無くなっていくことになります。その結果活動量が低下してしまい、そのせいでホルモンの分泌量が少なくなり、またさらに活動量が低下してしまう、という悪循環に陥ってしまうことになるのです。
快楽ホルモンを出すためには、実際に行動することが一番なのですが、セロトニンの不足によりストレスが多い状態であると、行動を起こすことすら難しくなってしまうのです。

エストロゲンの効果

エストロゲンは8~9歳ころから、卵巣でつくられ、女性らしい体作りを助けるホルモンで、キレイホルモンと言われています。
12歳ころからさらに分泌がふえ、初潮をむかえます。
思春期には、乳房の成長や子宮や膣の発育を促し、毎月ある生理の周期ごとの増減を繰り返しています。
詳しい働きは、まず、女性らしさをつくるホルモンです。
そして、女性らしい体を作り、子宮に作用をして、妊娠に備えて子宮の内膜を厚くします。
家族01自律神経や感情の動きや骨や皮膚や脳の働きにも関わりがあり、基礎体温を下げる作用があります。
更年期(閉経を挟んだ前後十年間)になると、卵巣からこのホルモンの分泌が減り、その信号が脳に行って脳がさらにこのホルモンの分泌をうながすホルモンをだしますが、できませんので、ホルモンバランスの崩れが起きます。
この時期になると、自律神経失調症様の脈が速くなるとか、動悸がするとか、血圧の上下がはげしいとか、ほてり、のぼせ、多汗、頭痛、めまい、疲労感そして情緒不安定や抑うつ気分が起こります。
このホルモンは生殖器以外の女性の体に幅広い作用がありますので、老年期の女性が骨粗鬆症を起こしたり、動脈硬化を起こし、生活習慣病を引き起こす原因の一つとなっています。

フェニルエチルアミンの効果

フェニルエチルアミンとは、またの名をPEAと呼ばれ、恋愛する時などに性的興奮と快感まで働きかける神経系統に左右する物質です。間脳の脳下垂体から分泌されるため、脳内から分泌されるドーパミンを増加させる働きがあり、快感を助長させる物質の一つとなります。

PEAの特徴は、目で見た物に反応する作用があり、香り成分で反応するフェロモンとは異質なもので、一目惚れの原因ともなる物質としても知られています。また快楽物質であるドーパミンとこの物質が組み合わさると、不眠、食欲減退、ハイテンションな気分になることから軽い麻薬に似た症状を引き起こします。

そして、PEAを増大させたり濃度をアップさせたりする方法としては、チョコレート・赤ワイン・チーズ等のこの成分が多く含まれている食物を食べることで増大させたり、濃度をアップさせることも可能です。その他に女性の場合であれば、恋愛話や恋愛小説、映画等のロマンス系の興味を示させるものを観覧したり、そういった興味を追い求めさせるようにすると、それが分泌されやすくなります。

その寿命は、約3ヶ月から3年とも言われており、軽い麻薬に似た症状を引き起こさせるため、生活に支障をきたす可能性もあるので、その分泌が調整される作用があると言われています。